セラミドとはどんな性質があるのでしょうか

乾燥しやすい肌の人は、保湿作用のある物質を含んでいる化粧品を使っているのではないでしょうか。このような保湿作用のある物質で有名なのはヒアルロン酸ですが、セラミドも保湿作用のある物質のひとつです。
このセラミドとは、ヒアルロン酸に比べて分子の大きさが小さい物質で、皮膚にぬった時に浸透しやすい性質があります。そして、浸透したセラミドの層と層の間に水分を閉じ込めることで保湿効果を発揮します。このセラミドの保湿効果は、ぬってから最大で1日くらい続くといわれていて、さらに敏感肌の方でも安心して使えるそうです。
化粧水などに含まれるセラミドには、いくつかの種類があります。それは、植物性セラミドや擬似セラミド、ヒト型セラミドなどです。この中で、ヒト型セラミドは、人の皮膚に存在するセラミドに近い構造をしています。そのため、化粧水をぬった時の効果が高く、かつ、肌への刺激も少ないそうです。
また、今では、セラミドの大きさを人工的に細かくしたナノセラミドというものも開発されています。こちらは、人の皮膚にあるセラミドより小さいため、ぬった時の皮膚への浸透度がより高いため、いままでの製品より効果的です。このように、セラミドと一口で言っても、何種類かありますので、化粧水などを購入する時には、まず成分表を見てからにしましょう。